Entries

スポンサーサイト

[端書] ルーミア×チルノ

夜伽の方で指定頂いた、チルノ・ルーミアのちびっこ組みの絡み。 天気のいい日には、遠くに紅色の大きな建物を見ることができる。そんな湖の畔に物好きな人間が住んでいたのは、もう随分と昔の話で。チルノとルーミアの二人が結託してその人間を駆逐してしまった今では、人間のものとしてではなく、ただ二人の妖精と妖怪との住処になっていた。 日中でも絶えず闇と冷気を湛えるその家の付近に近寄る者なんて、人も妖怪も問わずそ...

Appendix

Post+Comment

TrackBack

PageView

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。