Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://keima0.blog36.fc2.com/tb.php/7-99efd904
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

[端書] 勇儀×パルスィ + 拍手レス

勇パルの、ちょっとえっちな端書。


 愛している人にさえ、愛されることを望む言葉を上手く口にできない不器用な私は、
 例えば――強引にでなければ、素直な気持ちのまま愛されることができなかった。



 両腕に籠めた力一杯の抵抗は、勇儀の片手の戒めにあっさりと封じられてしまう。パルスィがどれほど力を込めて振り解こうとしたとしても、所詮はただの妖怪の力にしかならなくて。鬼である勇儀は顔色一つ変えることなく、今もパルスィの両腕を掴み抑えていた。
 部屋の隅で、両腕を頭の上で押さえつけられて。力で敵わない以上、こんな状況に追い詰められてしまえばもうパルスィには逃れる術なんてありはしなかった。
 股の間に押し入ってきた勇儀の片膝が、パルスィの両脚を押し広げるようにぐいぐいとこじ開けてくる。せめてもの抵抗に頑張って脚を閉じようとするのだけれど、やっぱりパルスィの力が勇儀に敵うはずがなかった。

「好きだよ、パルスィ」
「あぅ……」

 力任せだけではない。ふとした拍子に勇儀の囁いてくれるそうした僅かな愛の言葉が、より一層パルスィの躰から抵抗の力を失わせてしまう。勇儀が囁いてくれる「好き」の言葉、それひとつだけで。躰には力が入らなくなるし、心からは(抵抗しなければ)という意志が奪い取られてしまうかのようだった。

「ん、ぁ……ぅ……」

 閉じることさえ叶わない両脚の間、股の付け根の辺りに静かに触れられる感触がある。左手一本で容易くパルスィの両手から自由を奪い取っている勇儀には、まだ腕一本分の自由が残されていて。勇儀が与えてくる右手ひとつの刺激には、パルスィはどう抗うこともできはしない。

「……はぁ、っ……」

 思わず、部屋の空気に熱く蕩けるほどの溜息が漏れ出てしまう。
 初めは優しく触れるような愛撫。ショーツ越しに降り積む優しい刺激は、少しずつパルスィの体温を高めていく。秘裂をなぞるように、あるいはその上の、敏感な突起の近くを少しだけ刺激するかのように。今もパルスィの両手を拘束する力は相当なものなのに、鬼であることを感じさせないほど、パルスィの性感を高めさせる勇儀の愛撫は繊細だった。

「ゅ、ゆう、ぎ……」
「うん?」
「お、お願い……直で、触っ……」

 殆ど哀願するかのような語調になりながらも。パルスィが吐き出したおねだりの言葉に、勇儀は微笑みながら頷いてくれる。パルスィのスカートの中で、勇儀の指先は少しずつショーツをずり下ろしていく。

「脚、閉じちゃわないでね」

 勇儀の言葉にパルスィは頷く。両脚の間をこじあけていた勇儀の膝の感覚がなくなると、一気にパルスィの膝よりも下にまでショーツはずり下ろされてしまう。
 脚を閉じることなんて、もちろんできなかった。勇儀に言われるまでもなく……直接触って欲しいと願ったのは、パルスィの側なのだから。

「んぁ……!」

 元々薄布一枚しか隔てていなかった愛撫。けれどその僅かな隔たりを失っただけで、勇儀の指先は鮮烈なほど響く快感をパルスィの躰に直に与えてくる。

「気持ちいい?」
「……!」

 挑発するような勇儀の言葉。それでも、パルスィは素直に頷くしかできない。
 ここでパルスィが頷かなければ、勇儀はその指先の愛撫を止めてしまう。今もなおパルスィの躰を責め立てるのは、気が狂いそうなほどの快楽ばかりだけれど。この指先を今止められてしまえば、私はそれ以上に気が狂ってしまうだろうから。



地霊殿のEASYをいまさらですがようやく全パターンでクリアしました。最後に残ったのは霊紫。あ、あのぐるぐるまわるオプションがプレイしていてどうしても気になって、ちらちらと見ているうちに敵弾を食らったりしてしまうのだぜ。
おりんを神社で飼う、という単語にえっちな想像しかできない邪悪な人はボクだけで十分だと思います!(゚∀゚)

地霊殿で一番好きなキャラはさとりさんですが、一番好きなカップリングは勇パルかもしれません。
いえ、EX含めたら間違いなく早苗×さとりですがががが。




続きに拍手返信です~。

 
> あっきゅんカッコイイよえーき様可愛いよ。貴方達はどれだけ萌えを撒き散らすんだ。GJとしか言えません。

阿求×映姫というカップリングが好きです! 好きです!ヽ|・∀・|ノ
一度主導権を握られると「かわいい」キャラになってしまう映姫さまとか好きです! 好きです!ヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://keima0.blog36.fc2.com/tb.php/7-99efd904
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Post+Comment

TrackBack

PageView

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。